スーパーの店内ではその日のお買い得品にミニのぼりを立てるのがおすすめ

ライバル店と競い合っているスーパーでは、頻繁に各種のセールが
行われているわけですが、よく見かける光景として、店内にミニのぼりを立てて
その日のお買い得品のおすすめをする、といったものがあります。

というのも、のぼりというものは目に付きやすいものなので、お客の注意を
容易に引き付けることができますから、店頭には大きなのぼり立てて
お買い得品をアピールし、店内ではミニのぼりで
本日のおすすめ商品をアピールする、といったことが
販売促進の常套手段として、日々行われているわけです。

特に不景気ともなれば、ご家庭の家計を預かる主婦の財布の紐も硬くなり、
少しでも安くなる時に買い物をしようと、スーパーのお買い得品を
見逃すことがないよう、目配りはかかしませんから、その
アピール役となっているのぼりには、自然と多くの人の目が集中することになります。

セールの日とそうでない日とでは、同じ商品でも、その値段が
ぐんと違って来ますから、セールの日を見逃すことのないよう
買い物をするというのが、まさに主婦の生活の知恵となっているわけです。